PLAN

1階は歩車分離の動線とし自転車置場設置、2階以上は独立性が高い1フロア2戸の設計。

限られた敷地をできる限り有効に活用し、優れたマンションを建築するために、全体設計に十分な検討を行い、プランニングに吟味を重ねた「リヴシティ両国参番館」。1階は住戸を設けず、パブリックスペースとして活用。風除室・エントランスホール・エレベーターホールなどのほか、22台分の自転車置場と3台分のバイク置場を設置。また歩車分離の動線とし、安全性にも配慮しています。

イメージ写真
ELEVATION
FLOOR PLAN
イメージ写真

プライバシーが守られた、快適なシングル空間をラインアップ。

全22戸が角住戸となるプランニングを採用。どの住戸も、3方向が他の住戸と隣接していない、プライバシーに配慮した設計としています。居住空間となる洋室は、すべてバルコニー側に配置。光が降り注ぐ爽やかな住空間をお届けします。
また、機能性を追求しながらも、バスルームとトイレを分離するなど、暮らしやすさにも配慮した設計としています。

間取り
EXPLANATORY図面集をご覧になるにあたって

▲ページのトップへ


 
  • 株式会社リヴ
  • Welt/Burj al/過去の販売実績